この夏に実践!腸の健康をサポートする5つの方法

健康な腸にする方法 健康

翻訳元サイト

Search
There's no debating the importance of a healthy gut for overall well-being. Luckily, summer is a great time to get your gut microbiome in prime shape.

この記事のポイント!

ポイント

腸内のマイクロバイオームを最高の状態にするためには、

外で、好きなストレス解消法を見つけよう!

できるだけオーガニックな食べ物をたべよう!

サーカディアンリズムを意識しよう!

動物と触れ合おう!

概要

夏は腸のマイクロバイオーム(ヒトと共生する微生物のこと)を最高の状態にするのに最適な時期なのです。

日当たりの良い天気、長い一日、栄養価の高い食べ物が成る季節。

腸のマイクロバイオームに栄養を与えるために、誰でもできることがたくさんあります。

今回は夏にやる「腸の健康を改善する」ポイントを紹介していきます!

外に出て、好きなストレス解消法を見つけよう!

自然と触れないことは、腸の健康を損なう主要な要因の1つです。

自然、動物、人と触れ合うことでより良いマイクロバイオームが得られます。

その機会を得るためにも、外に出てたくさんの時間を過ごすことをオススメします!
例えば、ハイキングをしたり、ジョギングしたり、植物たちと触れ合うことです。

さらに、屋外で運動することは腸の健康にとってプラス要素となるのです。

週に3回、6週間にわたって30〜60分間の運動をすることによって、腸をサポートし免疫システムを調節するのに役立つ良い腸細菌であるSCFA(短鎖脂肪酸)を産生する微生物の量が増加したという研究結果があります。

また、屋外で瞑想することもオススメします。

瞑想をすることでストレスが緩和され、健康な腸を保つことができるのです。(屋外でのヨガなどもよさそうです!)

健康的な腸であるためにプロバイオティックスサプリメントを飲むのもオススメの方法です。

飲むことで必要なバクテリアを腸内で増やすことができます。
そのバクテリアは、お腹が張ってしまう状態やガスをためにくくするのを防ぎ、より強力な免疫システムをつくってくれます。

できるだけオーガニックな食べ物をたべよう!

夏はたくさんの野菜や果物が実る季節でもあります。しかし、農薬や除草剤が使われた野菜や果物は、マイクロバイオームの善玉菌に悪影響を与える可能性があると考えられています。

この影響をできるだけ少なくするためにオーガニックな食物を選び、できれば加工品でないものを食べるようにしましょう!

有機農法では土壌中のバクテリアの力を借りて育てるので、より人にとって有益な成分が含まれています。 有機肉(または牧草で育てられたような高品質のお肉)に関しても同様のことがいえるでしょう。

サーカディアンリズムを意識しよう!

サーカディアンリズムとは、「概日(がいじつ)リズム」とも言って、24時間周期の体内時計のことをいいます。

夏は日が長いので一日が長くなったように感じ、生活リズムが崩れてしまう人もいるかもしれません。

しかし、特に睡眠時間は規則正しくとることがとても大切になります。
睡眠不足は腸の働きを妨げてしまうので、7~9時間の睡眠をとる必要があります。

より良い睡眠をとるために、夜は電子機器や明るい光を避けるようにしましょう。さらに、自然光を浴びるために朝起きたら5分間外にでるのがオススメです。

動物と触れ合おう!

犬や猫、馬などどんな動物とでもよいので触れ合う機会を増やしてみましょう!

動物と触れ合うことで、腸内の働きがよくなることがわかっています。

なによりストレスをかなり解消してくれる存在となるはずです!

当記事について

当記事は、「翻訳元サイト」をもとに私なりにまとめた記事になります。

個人の解釈も含まれておりますので、そちらを除いた内容を知りたい方は「翻訳元サイト」をご覧ください。

今後も健康に関する記事を投稿していきます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました